大日徳洲会病院

043-422-1255受付時間はこちらをご確認ください

MENU

診療科・部門のご紹介

リハビリ

責任者のご挨拶

効果的な治療に、話しやすい雰囲気

私たちリハビリテーション科は、理学療法士(PT)により、急性期から回復期、生活期に至るまでサポート致します。
患者様の怪我や病気は、骨折や脳卒中、呼吸器疾患など種類は様々です。医師・看護師・栄養士・薬剤師他病院スタッフと協力して、患者様の生活スタイルに合った家庭復帰・社会復帰のために最適な方法を検討し、効果的なリハビリテーションを提供いたします。
リハビリ室内は、話しやすく、なんでも相談しやすい雰囲気で、患者様の生きがい・価値観まで一緒に考えていきます。
新しい生活・社会を取り戻すために、目標に向かって一緒にチャレンジしましょう。

業務案内

怪我や病気が原因で失った動きを取り戻すために、弱くなった筋肉を鍛えなおしたり、硬くなった関節をほぐしたり、できなくなってしまった動作の練習をします。リハビリによって、回復してきた動きは、日常生活に取り入れていきます。
日常生活の中での基本的な動作(寝返り、起き上がり、座位、立ち上がり、歩行など)から、生活動作(食事、更衣、整容、トイレ、入浴など)、更には家庭復帰や社会復帰まで支援しています。必要に応じ、福祉用具(杖、歩行器、車椅子など)や自助具(自分でできるように補助をしてくれる道具)の選定、介護サービスの導入相談・支援も行っています。

リハビリ対象疾患

事故や転倒による骨折や靱帯損傷、筋・腱損傷を負った方、脳卒中により身体に麻痺がおこった方、治療中の安静により日常生活の動作が困難になった方が対象です。
平成18年度の診療報酬改正にて、リハビリ実施可能な期間や疾患に制限が設けられました。

疾患別分類対象疾患
脳血管疾患等リハビリ脳梗塞、脳出血、脳腫瘍、脊髄損傷、多発性神経炎、末梢神経損傷、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、外科手術や肺炎治療のための安静による廃用症候群、など
運動器リハビリ骨折(体幹、上下肢)、四肢の切断・切離、上下肢の骨・筋・腱・神経・血管といった複合損傷、関節の変形疾患、関節の炎症性疾患、熱傷瘢痕による関節拘縮、など

運動療法機器・物理療法機器の紹介

運動療法機器として、治療台・平行棒・歩行器(各種)・重錘バンド(250g~5㎏)・セラバンド・セラボール・肋木・斜面台・自転車エルゴメーター(普通型、リカンベント型)・筋力強化マシンなどを設置しています。

物理療法機器として、ホットパック・マイクロ波・干渉波・頚椎牽引・腰椎牽引・マッサージベッド・エアマッサージャーなどを設置しています。

リハビリを希望される方へ

当院に通院されていない方

当院の各科外来に受診してください。症状により医師の指示のもと、リハビリテーションが開始されます。(平成18年の診療報酬改定により、リハビリを受けられる疾患や期間が制限されました。詳細はリハビリテーション科までお問い合わせください)

外来通院中の方

外来各科医師にご相談ください。適応となる場合、リハビリに指示が出ます。内容や時間については医師の指示により実施されますが、希望がありましたらご相談ください。外来リハビリは通常午前中に予約制での実施となります。

入院中の方

主治医もしくは看護師にご相談ください。必要に応じ、医師からリハビリに指示が出ます。内容についても医師の指示により実施されますが、家に帰るにあたって必要な動作や日常の習慣、家屋の特徴などについて遠慮なくご相談ください。

スタッフ構成

  1. 理学療法士:2名
  2. 助手:1名

よくあるご質問

Q1.リハビリはいつから始めたらいいの?

近年は受傷後早期に開始、例えば入院翌日にリハビリ開始や手術翌日にリハビリできる疾患が増えました。早期に開始することで、2次的合併症を最小限に抑えることができ、早期回復が望めます。

Q2.リハビリは痛いの?

現代のリハビリは痛みを与えないで実施することが基本とされています。
当院でもこの基本に沿ってできるだけ痛みの少ない方法で実施しますが、時に越えなくてはいけない痛みもあります。危険な痛みや我慢しなくてもよい痛みもありますので、随時ご説明いたします。

Q3.マッサージはしてもらえますか?

マッサージを治療の一部として使用することはありますが、一般にいわれるマッサージのように肩こりや腰の張りにするようなマッサージのみの実施はできません。
運動療法その他との組み合わせにより、動作能力の改善に有効な場合に用いられることがあります。

Q4.事前に準備するものは?

動きやすい服装と、靴をご用意ください。スリッパや草履での歩行は転倒の危険が高くなりますのでご遠慮ください。ただし、怪我やむくみで靴が履けない場合は靴以外でもリハビリ可能です。受傷・発症前に使用していた杖・歩行器・押し車など有りましたら、お持ちになってください。訓練時に使用します。

Q5.リハビリの開始時間は?

午前は8時30分に、午後は13時30分にリハビリ室が開きます。
午前は外来患者様・入院患者様、午後は入院患者様が対象となります。

Q6.リハビリ外来予約の変更はできるの?

当院にお電話ください。リハビリにつなぎ、ご相談をお受けします。
予約空き時間を探します都合上、早めにご連絡をお願いします。

閉じる