大日徳洲会病院

043-422-1255受付時間はこちらをご確認ください

MENU

診療科・部門のご紹介

検査科

臨床検査は、患者様から採取された血液や尿などを対象に行う検体検査と、病気の原因や治療の効果判定をするために直接患者様を対象に行う生理機能検査に大きく分かれます。大日徳洲会病院の検査科は、年中無休24時間体制で検査を行っております。

検体検査

生化学検査

生化学検査は、患者様から採取された血液を検査するものです。
血液中には、様々な物質(酵素、電解質、糖質、脂質など)が含まれており、これらの物質を検査することにより、病態の把握や早期発見につなげます。

免疫

免疫検査は、B型肝炎、C型肝炎ウイルスの感染症や甲状腺ホルモン、癌などで増加する腫瘍マーカーなどを検査するものです。

血液検査

血液検査は、血算検査と凝固検査に分けられます。
血算検査は血液中の細胞(白血球、赤血球、血小板など)の数やヘモグロビン濃度などの検査を行っています。
凝固検査は、血液の固まる速度や固まり方を調べます。

一般検査

一般検査は、主に尿や便の検査を行います。
尿中には様々な物質(蛋白、潜血、糖、ケトン体など)が含まれています。
顕微鏡で沈殿物を観察して、細胞成分や細菌の有無を調べています。
便検査では肉眼ではわからないごく微量の血液(潜血)を検出し消化管出血を調べます。

細菌

細菌検査は、患者様から提出された喀痰や尿などを検査することにより、細菌感染を起こしているかどうかを調べる検査です。
迅速診断キットやグラム染色を活用します。
迅速診断キット項目(インフルエンザ、A群ベータ溶連菌、アデノ、RS、ロタ、ノロ、肺炎球菌、マイコプラズマ肺炎)

グラム染色(食細胞・白血球)

生理機能検査

心電図

心電図は、心臓の電気的興奮をとらえ記録したものです。
心電図により心臓の向き、大きさ、速さ、リズム、伝導障害、虚血、梗塞部位の診断ができます。
一般的な安静時心電図のほか、負荷心電図、ホルター心電図も行なっています。

ABI:足関節上腕血流比

ABI検査とは、左右上腕と両足首にカフを装着して血圧を測定し、上腕と下肢血圧値の対比により、主に下肢動脈の狭窄度合いを判定する検査です。

呼吸機能

呼吸機能検査は、肺の大きさ、換気能力、気道の異常、肺拡散能力等を呼吸機能により測定する検査です。
基本検査として肺活量と努力性肺活量検査があります。
肺活量検査は、肺が一度に取り込める空気の量を測定し、努力性肺活量は息をいっぱい吸い込んだ後に、力いっぱい息を吐き出すその勢いを測定します。

超音波検査(エコー)

超音波検査とは、人の耳に聞こえない20000Hz以上の高周波数の音波を使い、その反射データを画像として記録する検査です。
肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、子宮、卵巣、前立腺、膀胱、乳腺、甲状腺、心臓なの動きや血管などに異常がないかを調べます。
超音波検査は無侵襲であることから、何度でも検査が行なえる利点があります。

胆のう結石

肝細胞癌

閉じる