当院がめざすのは「親切な病院」です。

大日徳洲会病院 院長井上 和人

大日徳洲会病院は前大日病院を医療法人徳洲会が譲り受ける形で今年の6月に開院致しました。

徳洲会は昭和48年の設立以来「弱っている方、困っている方に手を差し伸べる」ことを目標として「生命だけは平等だ」の哲学の下、「いつでも、どこでも、誰でもが最善の医療を受けられる社会」を目指し、職員一同、日々努力を続けています。

前大日病院は「医は仁術」の言葉を胸に昭和59年以来、年中無休で地域の医療に貢献されてきましたが、徳洲会はそれを引き継ぎつつ、さらに最新で高度な医療器械、技術を導入し、地域の皆さまの健康な生活を支援する病院として生まれ変わりました。年中無休の精神は徳洲会の理念と合致しており、引き続き土日の一般診療も行っています。

地域を支える救急病院としての役割も組織を挙げて充実させ、近隣の医療機関との連携もより強固にしており、心筋梗塞などの循環器疾患、急性腹症などにも迅速に対応しています。さらに今や死因の第一位を占めるがんの診断、治療、緩和医療や生活における不安にもがん専門病院と緊密に連携して対応しています。こうした体制を整えることによって、地域の皆さまが頼れる、親切な病院として最初に受診、またはクリニックからご紹介いただける病院になることを願っています。

2018年12月院長 井上 和人

院長プロフィール

院長略歴

  • 【昭和60年3月】神戸大学医学部卒
  • 【昭和60年4月~】神戸大学医学部第二外科
  • 【平成元年5月~】国立がんセンター中央病院外科
  • 【平成7年4月~】東京大学医学部第二外科
  • 【平成9年1月~】国立がんセンター東病院外科
  • 【平成15年6月~】日本大学医学部消化器外科
  • 【平成21年1月~】日本赤十字社医療センター
  • 【平成28年4月~】行徳総合病院外科
  • 【平成30年9月~】大日徳洲会病院 院長就任

専門分野

消化器外科(肝・胆・膵・胃・大腸)

資格

  • 医学博士
  • 日本外科学会認定医・専門医・指導医
  • 日本肝胆膵外科学会高度技能指導医 評議員
  • 日本消化器外科学会認定医・専門医・指導医 消化器がん外科治療認定医
  • 日本肝臓学会専門医・指導医
  • 日本超音波医学会専門医・指導医
  • がん専門医(国立がんセンター)
  • 緩和ケア研修会修了
  • がんリハビリテーション研修会修了
  • 臨床研修指導医講習会修了