大日徳洲会病院

043-422-1255受付時間はこちらをご確認ください

MENU

入院・面会案内

お支払いについて

入院費用の請求とお支払い

  • 診療費は原則として、診療報酬点数表によって計算します。
  • 個室料、文書料などは当院所定の料金を頂きます。
  • 退院日の診療費は、計算した後、病棟で退院許可証をお渡ししますので、新館1階の受付窓口でお支払いください。
  • 入院中の診療費は、一般病棟は毎月2回締め(15日及び月末)、療養病棟は毎月1回(月末)で計算します。
    お手元に請求書が届き次第、新館1階の受付窓口でお支払いください。
  • 支払は、現金・クレジットカードが利用できます。

高額療養費の負担軽減制度

加入している保険の保険者から限度額適用認定証の交付を受け、医療機関に提示することで、入院費の窓口支払額が自己負担限度額まで軽減されます。

限度額適用認定証の申請先※70歳未満の方

国保の方
市・区役所または、町村役場
社保の方
健保組合、協会けんぽ各支部、共済組合など
  • 市町村民税が非課税世帯の方は、「限度額適用・標準負担額減額認定証」が交付され、食事代も軽減されます。各市町村役場にお問い合わせください。
  • 「限度額適用認定証」の提示がない方には適用されませんので、必ず医療機関窓口までご提示ください。

申請から支払いまでの流れ

申請・交付
入院が決定したら、各保険者に限度額適用認定証の申請を行い交付を受けます。
入院
入院受付時に、交付された認定証を提示します。
支払い
認定証が適用された金額を窓口でお支払いください。

自己負担限度額一覧表

70歳未満の方の自己負担限度額(月額)
所得区分 自己負担限度額
上位所得者(ア) 252,600円 +(医療費 - 842,000円)×1%
上位所得者(イ) 167,400円 +(医療費 - 558,000円)×1%
 一 般 (ウ) 80,100円 +(医療費 - 267,000円)×1%
 低所得 (エ) 57,600円
 低所得 (オ) 35,400円
70歳以上の方の自己負担限度額(月額)
所得区分 外 来 入   院
現役並所得者Ⅲ 252,600円 +(医療費 - 842,000円)×1%
現役並所得者Ⅱ 167,400円 +(医療費 - 558,000円)×1%
現役並所得者Ⅰ 80,100円 +(医療費 - 267,000円)×1%
一 般 18,000円 57,600円
低所得者Ⅱ 8,000円 24,600円
低所得者Ⅰ 8,000円 15,000円
  • 上記の医療費とは10割負担での金額になります。
  • ご不明な点等ございましたら、新館1階受付窓口までご相談ください。
閉じる